急性腎障害とは

急性腎障害とは、何らかの理由で腎臓の機能が数時間〜数日の間に急激に低下する疾患です。腎臓の機能が低下すると尿とともに老廃物を排出することができなくなり体の中に蓄積していきます。

症状としては元気や食欲の低下、嘔吐下痢、尿が出ないまたは少ないなど様々です。

原因

1.腎前性  2.腎性  3.腎後性 に分けられます。

治療

急性腎障害の治療の基本は原因疾患の治療、適切な輸液療法、栄養管理です。しかし適切な初期治療が行われていても、無尿(数時間以上尿が作られない状態)、高カリウム血症、体液過剰を認めた場合には早急に血液透析療法が必要になります。


その後の腎機能

急性腎障害の急性期を乗り越えた後は数週間から数年かけて腎機能は徐々に回復していきます。しかし必ずしも完全に腎臓の機能が戻るとは限りません。どれくらい回復するかは急性腎障害の原因、年齢、既往歴の有無に影響されます。腎機能の回復が不十分である場合慢性腎臓病へと移行し、その後も継続して治療を行うことが必要になります。